【トラキャン】FRP製だから軽量で頑丈!北海道の寒さにも負けない軽キャンピングカー【YADOCARRYジャンボ Produced by 夢創エージェンシー】

最新情報はビルダー情報から
お問い合わせください

宿を運ぶ【YADOCARRY】

Point
  • FRP製ならではの丸みと軽さ
  • 一体成型なのでつなぎ目がない
  • 看板屋さんならではのデザイン性
  • 家具職人手作りの象徴的な家具
たびぐらし

FRPはボートやキャブコンに
使われてる素材やで!

Contents

軽トラック用シェル
ヤドキャリー徹底紹介

デモカーはヤドキャリーをダイハツ ハイゼットジャンボに積載されています。

たろー

今回はジャンボ用やけど標準ボディ用もあるで!

外装

FRP(繊維強化プラスチック)製で軽量化

外壁はトラキャン用シェルでは珍しいFRP製

FRPそのものに強度があり、フレームは必要な場所にだけでいいので軽量に仕上がります。

フレームや断熱材をFRPに圧着することで、更に強度アップ。

標準装備の家具などを付けても約250kgという軽さを実現しました。

まき

断熱性あるのにめっちゃ軽い!

 

たろー

こんだけ軽いと荷物もいっぱい積めるな!

一体成型でつなぎ目なし

多くのシェルは、壁や床を組み合わせて作るので、その際角につなぎ目ができます。

ヤドキャリーは、シェルの形をした型枠の内側にFRPを貼って形を作り、型を外して作ります。

これが、つなぎ目のできない一体成型
雨漏りや隙間風の心配はいりません。

まき

ビスはできるだけ打たずに穴を最小限にしてるって!

 

たろー

型が必要やからシェルのサイズの微調整はできへんで!

走行性能を重視した形と丸み

荷台の短いジャンボでも室内空間を広く取るため後方は車体から20cmはみ出しています。

バンクはあえて短くしているのは、車体から風がスムーズに流れるようにするためです。

角が丸いのはFRP一体成型ならでは。
これだけでも空気抵抗が少なくなります。

居住性も保ちつつ走行性能を重視しています。

たろー

高速も坂道もスイスイやで!

 

まき

角に来る柱の木材は丸みに
合わせて削ってるんやって!

デザイン次第で印象を変える

看板屋さんの強みを活かして様々なデザインをオーダーできます。

標準は白ベースにカラーラインですが、ラインの色を変えるだけでも印象は変わります

オプションでは塗装やラッピングなどでさらにカスタマイズが可能です。

打ち合わせをすればグラフィックデザインを製作してもうこともできます。

ラッピングシートやカッティングシートは剝がすことができ、違うカラーやデザインに貼り替えられます

車体やシェルに貼っておけば、塗料の保護にもなり剥がすと新品の塗料が出てきます。

シェルには車と同じ2液性ウレタン塗料のカラーとクリアで塗装してあります。

たろー

メタリックに全塗装してもらいたい!

 

まき

ビルダーさんのHPでは今までに制作したデザインが見れるで!

種類豊富な窓

上部に大きなキャンピングカー用のアクリル二重窓があります。

この位置だと、景色はよく見えるが外からシェル内は見えにくくなります。

滑り出し窓だと雨の日でも換気が可能です。

引き違い窓だと、通行人に当たる心配がなく開けたまま走行もできます。

かわいい羽目殺しの丸い窓もあります。

窓は好きな位置に付けられるので、天井につければおしゃれな天窓に。
創業以来雨漏りはないそうです。

ちなみに、大きなドアもFRPの型に入れて作られています。

窓もドアも好きな位置に取り付けが可能です。

たろー

天窓から星見れるやん!

 

まき

窓が小さいほうが断熱性は
高くなるで!

アウトドアでも活躍する外部設備

トラキャンには珍しい外部収納はシェル内の収納にアクセスできます。

シェルの中でも外でも使用する物を入れておくと便利です。

アウトドア用品やゴミなどシェル内に持ち込みたくないものを置くよう外部専用にもできます。

あおりをテーブルにしサイドオーニングを付ければ、お手軽にキャンプを始められます。

テーブルやタープを収納する必要がなく、軽の限られたシェル内の収納を圧迫しません

また、シェル内のテーブルをシェルの側面に付けて外部用と兼用することも可能です。

たろー

椅子さえ出せばすぐキャンプ
できるやん!

 

まき

広くはない軽で空間を有効的に使えるのは嬉しい!

床まで降ろせる専用ジャッキ

脱着はスタンダードなジャッキ付きの4本脚でシェルを持ち上げ軽トラを動かして行います。

標準はジャッキベースでベースプレートかタイヤ付きを用途に合わせて選択が可能です。

オプションでハンドル式床まで降ろせるジャッキに変更もできます。

まき

たまにしか載せへんのなら床まで降ろせると安心やね!

 

たろー

車庫が低くても大丈夫や!

外観を損ねない固定方法

車体との固定はシェルの床を貫通させてボルトで行います。
ボルトは室内にあり手で回すハンドル式です。

※標準ボディ用はあおりの金具を利用したもの

固定器具が外から見えずFRP製なのもあり、キャブコンのような外観になります。

まき

せっかくのデザイン性を損ねへんの最高!

 

たろー

キャンピングカー感増すな!

内装

ジャンボ用とは思えない広さを実現

軽トラキャンの室内高は170cm前後が多いが、ヤドキャリーはなんと約180cmもありまます。

キャドキャリー積載時の車両全高が2.5mになるようギリギリの高さで製作しているからです。

ジャンボはハイルーフなので標準ボディより10cm車高が高くバンクは狭くなりがちですが、標準ボディ用シェルに近い高さを確保できます。

たろー

この10cmはめっちゃ大きいで!

 

まき

バンクで寝ても天井に
ぶつからへんね!

内壁は機能的から羽目板まで

標準の内壁は汚れや結露に強く耐久性に優れたアルミ複合板仕上げです。

外気に包まれて結露しやすいバンク部分は、少しでも断熱性をあげるためにクッション壁紙を採用。

重量と勝負のトラキャンでは珍しい羽目板仕上げにすることもできます。

軽量のヤドキャリーだから実現できること。

たろー

羽目板ってバンライフ感あっていいな!

 

まき

壁紙やダイノックシートも
貼ってもらえるで!

職人手作りの工夫いっぱいの家具

ヤドキャリーの家具は、全てベテラン家具職人の手作りです。

工夫の詰まった高さのある収納棚はヤドキャリーの象徴の1つ。

これが標準装備だというのは驚きです。

上段のオープン部にある落下防止フラップを倒せばテーブルになります。

中段の引き出しは走行中に開かないようプッシュロック付きです。

下段は外部からもアクセスできる大きな収納。

棚の高さはバンクと同じに作られています。
これは天板をバンクベッドの一部にするため。

さらに、バンクの渕にある荷物落下防止のフラップも倒すとバンクベッドの一部になります。

展開用の板をなるべく小さく軽くすることで壁にぶつけにくく扱いやすくなります。

まき

棚の大きさや色はオーダー
できるで!

 

たろー

木目を活かした家具はクリア塗装されてるから
飲み物こぼしても大丈夫やで!

変幻自在なベンチシート

定番のベンチシート兼フロアベッドは、座ると棚のテーブルが使いやすい距離感になります。

さらに、中央を展開すると対面式テーブルに。

エントランスに干渉している箇所は邪魔にならないよう、折りたためます。
走行時に動かないようロック付きです。

たろー

対面テーブルは2人旅に
もってこいや!

 

まき

クッションの硬さと色は
選べるで!

寒冷地でも安心のFFヒーター

ベンチシート下大容量収納のエントランス側には、寒冷地では必須のFFヒーターを装備。

換気は最小限でよく、氷点下のシェル内も省電力で暖かくなります。

吸排気口はは目立たないようシェル下に。
吸音材を貼るなどポンプ音対策も万全です。

たろー

FFの燃料は灯油を使うで!

 

まき

夏はFF外してポータブルエアコンに載せ替えれるで!

乗り降りだけじゃない2Wayステップ

エントランスステップはヤドキャリーのサイズに合わせて加工されています。

さらにバンクに上るステップとの2Wayです。
ジャンボ用のバンクでも楽々上れます。

壁にあるフックにかけると、使わないときも邪魔になりません。

たろー

ジャンボはハイルーフやから
バンクが高いねん!

 

まき

120cm以上あるけどこのステップがあれば大丈夫や!

細部のパーツまでこだわる

バンクのマリンライトはアンティークな雰囲気が人気です。
横にはテイストを合わせたスイッチプレート。

入り口横はトグルスイッチを採用しています。

お好みに合わせて細かいパーツを変更すると統一感が出たり、高級感が増します。

たろー

細かいこだわり最高や!

 

まき

スイッチの色が違うだけでも
雰囲気変わるで!

電装

外部電源用コードを利用した簡単システム

外部電源ソケットと外部のコンセントを専用ケーブルでつなげばシェル内で電気が使えます。

シェル内の壁にも外部電源ソケットと同じ物があります。

ここに外部電源で使用したケーブルを挿し替え、プラグをポータブル電源につなぐと外部電源がなくても電気が使えます。

まき

ポタ電は使い方に合わせて
選ぶといいで!

 

たろー

ケーブルは1本やから間違える
心配ないな!

電気装備も様々な要望に対応

長期旅をしたい方や外部電源なしで充電したい場合はソーラーパネルも装備できます。

ただし、高さをギリギリに作ってあるのでフレキシブルパネルに限ります。

また、サブバッテリーを用いたシステムを組むこともできます。
※走行充電は要相談。シェル脱着の際に配線の取り外しが必要なため。

まき

晴れるとソーラー大活躍やで!

 

たろー

雪降ると電気厳しいから電源
とれる場所に行くと安心やで!

ご見学やご質問はビルダー情報からお問い合わせください

軽トラック用シェル
ヤドキャリーの基本情報

保証1年保証
アフターサービス車検サポート・修理補修(有償)
代理店(福岡県)でも対応可
トラック取り扱い新車・中古車
支払現金一括
シェル単体ローン
車両と同時購入で低金利ローン
納期約5ヶ月(2024年1月時点)

対応車種

スクロールできます
軽トラック
標準ボディ
現行規格
軽トラック
標準ボディ
旧規格
ハイゼット
ハイルーフ
ハイゼット
ジャンボ
スーパー
キャリイ
その他
×
要相談

1t車用

は対応サイズあり
※価格などはお問い合わせください

サイズ

単位(mm)

外寸内寸
車両全長※13620※2
車両全幅※11475※2
車両全高※12480※2
シェル全長30542940
シェル全幅14101330
シェル全高18601795
フロア長19001830
バンク長11541110
バンク高630495
  1. 軽トラックにYADOCARRYジャンボを積載時
  2. 軽トラックの車種やYADOCARRYジャンボの積載位置、積載時の沈みにより誤差が生じます

単位(mm)

ドア1450650
窓(小)280350
窓(中)300500
窓(大)4501000

単位(mm)

奥行高さ
収納棚7503001300
ベンチシート600※11800450
テーブル※2600600700
バンクベッド13301850
標準仕様の場合(変更可)

※1 フロアベッド展開時
※2 テーブル展開時

標準装備・オプション

外装

スクロールできます
標準装備オプション
フレーム木材
鉄角パイプ

バンク、ジャッキ装着部
外壁FRP一体成型
ホワイト仕上げ
選べるカラーライン
塗装
カッティングシート
ラッピングシート
グラフィックデザイン
断熱材スタイロフォーム
30mm
  床面のみ20mm
透湿防水
シート
ドアFRP製ドア
アクリル二重窓(中)
シェード網戸付き滑り出し
アクリル二重窓
滑り出し式(小・中・大)
引き違い式(小・中・大)
固定器具ハンドル式貫通ボルト
脱着器具脚(ジャッキベース)4本
タイヤ付きに変更可
ハンドル式に変更
床まで仕様に変更
ステップバンクアクセス
兼用ステップ
軽トラ側窓 
軽トラリヤ
開閉窓
 
バック
モニター
 
その他外部収納
サイドオーニング
あおりテーブル
車体塗装

内装

スクロールできます
標準装備オプション
内壁アルミ複合板
壁天井クッション壁紙
バンクのみ
羽目板
壁紙
ダイノックシート
長尺シートまたは
タイルカーペット
Pタイルに変更
照明LED照明
(リモコン付き)
  入り口横スイッチ
マリンランプ
専用スイッチ

間接照明
換気扇住宅用
  入り口横スイッチ
通気口 
バンクベッド 
家具ベンチシート兼
フロアベッド
対面式テーブルに変更
専用クッションマット
硬さ・カラー選択可

収納収納棚上部収納
ギャレー各種
エアコン窓用エアコン
家庭用エアコン
その他FFヒーター
スポットクーラー排熱ダクト

電装

スクロールできます
標準装備オプション
室内電源
メインプラグ
外部電源ソケット式
ポータブル電源 
サブバッテリー鉛、リチウム
インバーター 
ソーラー充電
システム
フレキシブルパネル
走行充電
システム
要相談
外部電源
システム
 
外部充電
システム
 
100V
コンセント
2口1ヶ所
  場所指定可
デザイン変更
追加
12V
コンセント
 
USB
コンセント
 
外部100V
コンセント
 

オプションのご相談などはビルダー情報からお問い合わせください

価格

標準仕様時

1,408,000(税込)

重量

標準仕様時

250kg(最大積載量:350kg)

軽トラック用シェル
ヤドキャリーのまとめ

価格帯(4.0)
重量(4.5)
断熱性(4.5)
オーダー自由度(4.5)
個性(4.5)
メリット

FRP一体成型で軽量かつ頑丈

走行性能を考慮したフォルム

雨漏り隙間風の心配なし

雪国でも安心

様々なオーダーに対応

デメリット

シェルサイズの指定ができない

こんな人におすすめ
  • 外観もこだわりたい!
  • 走行性能を重視したい!
  • 春夏秋冬旅を楽しみたい!
  • 細かいオーダーをしたい!

動画でもトラキャン紹介しています

※撮影時の情報です

【YADOCARRY】ヤドキャリー紹介動画
【YADOCARRY】ヤドキャリー車中泊動画

ビルダー情報

夢創エージェンシー

Address〒003-0849
北海道札幌市白石区北郷
2389-135
Tel011-598-1042
e-mailお問い合わせフォーム
Web sitehttps://yadocarry.jp/
SNS
DealerTabby Garage(タビーガレージ)

トラキャン大集結のイベントが今年も開催!!
≪イベントは終了しました≫

荷台にシェルを載せたキャンピングカーのイベント
車種問わず、バイクでも徒歩でも誰でも参加OK!!
ふらっと日帰り、ゆっくり車中泊、楽しみ方も自由です。

日程:2023年11月3日(金・祝)~4(土)
会場:愛知県田原市 仁崎キャンプ場
※会場へのお問い合わせはご遠慮ください

こんなトラキャンもあります

お友達にも情報をシェアしてね!

このサイトの管理人

2020年、大阪の駅近1K賃貸からトラキャンに引っ越しYouYubeと日本一周の旅をスタート。
現在は日本一周をしながらYouTube(チャンネル登録者数6万人)を中心に活動中。
トラキャンの魅力を拡大するべく、各SNSの他にもキャンピングカー・アウトドアイベントの出演やシェルインテリアプロデュースなども行っています。

Contents